プロポーズに赤バラの花束で一生心に残る演出を

 

 

女性なら一度はもらってみたい赤バラの花束。

先日男性のお客様よりプロポーズのお花のご注文をいただき、お届けさせていただきました。

今回はちょっとした「プロポーズ大作戦」でした。

プロポーズ当日最初のお店でプロポーズ。

その時は、バラ以外でピンク系のコンパクトな花束をプレゼント。
その後ホテルに移動してスーツに着替え、サプライズで赤バラ108本の花束をお渡しするという素敵な演出になりました。

赤バラ108本の花言葉は、「結婚してください」。

お客様は元々この意味をご存知で、赤バラ108本の花束をご注文くださいました。

プロポーズの際、100本の赤バラの花束をお渡しされる方も非常に多く、

100本の花言葉は「100%の愛」。

その他に、「ダーズンローズ」という赤バラ12本の花束でプロポーズをするのも人気でございます。

この12本にはそれぞれ意味があり、

「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」
という意味が込められております。これらを全て誓うということでプロポーズをすることになります。

 この「ダーズンローズ」は欧米では、大切な人に贈ると幸せになれると言われています。

それぞれの想いを込めた一生に一度のプロポーズ、

これらの花言葉に想いを込めて一生心に残る演出も素敵ですね。

 

 

当店では、神戸市内や芦屋市・西宮市などのレストランやホテルまでお届けさせていただいております。

事前にご相談いただければ、お客様のご希望に合わせてお花をお届けさせていただきます。

 ホテルへのお届けの場合は、ホテルから納品時間を指定されると思うので、

その時間を当店にお伝えください。

 「チェックイン前にホテルに預けてほしい」

「花束を渡すお店に届けてほしい」

 など、お気軽にお申し付けください。

 どうぞお気軽にご相談ください!

 

関連キーワード
  • 【花屋が教える】スタンド花の日持ちと贈るタイミングについて
  • 【アレンジメントの頼み方】安心して花贈りをするための完全ガイド
  • 【プロの花屋が教える】アレンジメントの立て札・メッセージカードの書き方とマナーについて
  • 【プロの花屋が教える!】アレンジメントの日持ちとお花を長く楽しむための保管方法
  • 【プロの花屋が解説!】アレンジメントの相場とお花の選び方
  • ピアノ発表会のステージ花@神戸市垂水区舞子ビラ
おすすめの記事